睡眠時無呼吸症候群(SAS)|横浜市都筑区 仲町台の耳鼻咽喉科ならおおた耳鼻咽喉科

睡眠時無呼吸症候群(SAS)

睡眠時無呼吸症候群について

睡眠時無呼吸症候群(SAS:Sleep Apnea Syndrome)とは、10秒以上の無呼吸(呼吸が止まっている状態)が、一晩に30回以上または1時間に5回以上起こることをいいます。
睡眠中に呼吸が止まることで、十分な睡眠が得られないため、熟睡感がなく、日中の眠気、集中力の低下などが起こります。また、睡眠中は大きないびきや息が止まり、途中覚醒が起こりやすくなります。
SASは、高血圧、心筋梗塞、脳梗塞などを合併する可能性が高くなり、また交通事故の確率も高いといわれています。
肥満などで睡眠中に上気道を閉塞することが主な原因ですが、鼻、のどなどを狭くするような病気がないか確認しておくことが重要です。

診断・検査

“昼間の眠気”を測定するためのテストです。
以下の状況下でうとうとしてしまったり、眠ってしまったりすることはありませんか?
ご自身の普段の様子を思い浮かべて、チェックしてみましょう。 

~数字の度合い~
0:決して眠くならない。
1:時々、居眠りしてしまう。
2:居眠りすることがよくある。
3:だいたいいつも居眠りしてしまう。

状況 点数
1:座って読書している時 0 1 2 3
2:テレビを見ている時 0 1 2 3
3:公の場所で座って何もしていない時(例えば劇場や会議) 0 1 2 3
4:1時間続けて車に乗せてもらっている時 0 1 2 3
5:状況が許せば、午後横になって休息する時 0 1 2 3
6:座って誰かと話をしている時 0 1 2 3
7:昼食後(お酒を飲まずに)静かに座っている時 0 1 2 3
8:自分が運転をしており、交通渋滞で2~3分止まっている時 0 1 2 3

 こちらから問診票のスコア、BMIなどがわかります。

5点未満ですと安心ですが、11点以上ですとSASが強く疑われますので、受診をお勧めします。
11点以上の場合は、問診票のスコアをプリントアウトして持参頂けると診療がスムーズに行えます。
SASが疑われた場合、当院では「簡易検査」を行います。
専用の検査機器をお貸出しし、ご自宅で検査を行ってもらい、そちらを基に解析し診断します。保険適用の場合3割負担にて約2,700円となります。

簡易検査 SAS2100配送サービス

簡易検査 SAS2100配送サービス
簡易検査 SAS2100配送サービス

帝人在宅医療株式会社から検査機器を送付しますので、患者様は自宅で簡単に検査が受けられます。
検査から10日~2週間後、当院で検査結果を説明します。

簡易検査についてはこちらもご参考ください。

治療

CPAP療法(経鼻的持続陽圧呼吸療法)が主な治療になります。
これは、睡眠時にマスクを装着し圧力を加えた空気を送り込むことで気道の閉塞を取り除く治療です。
その他、扁桃摘出術や鼻中隔矯正術など上気道を閉塞する病気があるようでしたら、手術可能な施設にご紹介となります。