鼻の病気|横浜市都筑区 仲町台の耳鼻咽喉科ならおおた耳鼻咽喉科

鼻の病気

鼻の病気について

鼻の症状と代表的な疾患をあげ、その疾患について解説します。

鼻がつまる

何らかの原因で鼻の中の空気の通り道が狭くなることで、呼吸がし難くなる状態です。
代表的な疾患に、風邪による急性鼻炎、アレルギー性鼻炎、鼻中隔彎曲症、副鼻腔炎、鼻茸があります。

鼻水が出る

透明な水様性鼻汁や、黄色で粘稠な鼻汁などがあります。 代表的な疾患に、風邪による急性鼻炎、アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎があります。

風邪による急性鼻炎

風邪で鼻に炎症が及ぶことで起こります。鼻処置をし、鼻の空気の通り道を広げたり、ネブライザーをすることで、炎症が改善しやすくなります。

鼻中隔彎曲症

鼻の中の左右の仕切りの壁が曲がっているために、鼻づまりが起こります。この場合、手術可能な施設へご紹介します。

副鼻腔炎、鼻茸

急性副鼻腔炎は、風邪が長引き、鼻・副鼻腔の炎症が起こることで起こります。
膿のような鼻汁が出たり、頬(ほお)や目の奥の痛み、頭痛などを伴います。鼻処置や抗生剤を内服することで、症状改善していきます。
しかし、この急性副鼻腔炎が治らずに慢性化すると慢性副鼻腔炎、いわゆる蓄膿症となり、長期間の治療が必要になってきます。内服の治療でも治らない場合は手術が必要になる場合もあります。
その診断のためにもレントゲンを撮影し、副鼻腔の状態を判断することが大事です。

においがわからない

鼻の中の炎症により粘膜が腫れ、“におい物質”が鼻の奥にある「嗅上皮」というにおいを感じるところに到達しないために起こります。これは呼吸性嗅覚障害といって、アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎などによることが多いです。
その他に、「嗅上皮」の障害や、においの情報を脳に伝えるための経路「嗅糸」の障害により起こります。これは頭部外傷や加齢によるものが多いです。

鼻血がでる

鼻の中の左右の仕切りの壁、鼻中隔の入り口付近からの出血が最も多くみられます。小児、高齢者に多く、アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎などの炎症のため、鼻の粘膜が荒れ出血しやすくなります。稀に腫瘍などが原因の場合もありますので、続くようでしたら受診して下さい。