耳の病気|横浜市都筑区 仲町台の耳鼻咽喉科ならおおた耳鼻咽喉科

耳の病気

耳の病気について

イメージ

耳は、「聴こえ」を担う感覚器官であると同時に、平衡感覚にも関係する大事な器官です。耳の入口から鼓膜までの「外耳」、入ってきた音を内耳へ伝える「中耳」、中耳からの音の振動を神経の信号に変換する蝸牛とバランスをつかさどる三半規管などの平衡器官がある「内耳」の3つに分かれています。

耳の病気になると症状として、耳の痛み・痒み、耳閉感(耳が詰まった感じ)、難聴(聞こえにくい)、耳鳴、耳漏(耳だれ)、めまいなどが起こる場合があります。 代表的な疾患とよくある症状について解説します。

耳垢(耳あか)

耳垢は、外耳道の機能により自然に外へ排出されるようになっていますので、基本的には掃除を頻繁に行わなくても構いません。しかし、乾いていない耳垢のタイプ(アメミミなど)の方や、耳穴が狭い幼児・小児や、高齢者など、耳垢が溜まりやすい方には定期的な耳掃除が必要になります。耳垢が詰まると、耳閉感や難聴などを起こします。
気になる方は、当院で掃除しますので、お気軽にご相談ください。

外耳炎

外耳道に炎症を起こす病気で、痛み、痒み、耳だれなどの症状を起こします。耳に水が入ったり、耳かきのしすぎがきっかけになることが多いです。
痛みや痒みで何度も触ることで悪化して治りにくくなることもありますので、早めの受診をお勧めします。
また、外耳炎が長引いている場合は真菌(カビ)によることもあります。一般的な細菌によるものと治療が異なりますので、ご相談下さい。

中耳炎

鼓膜より奥の「中耳」に炎症がおこる病気を中耳炎と言います。
痛み、耳閉感(耳が詰まった感じ)、難聴(聞こえにくい)、耳鳴、耳だれ、めまいなどが起こる場合があります。急性のもの、慢性のものなどいろいろな疾患があります。

中耳炎について

難聴(聞こえにくい)

難聴は聴覚が低下した状態のことで、耳鳴を伴うこともあります。外耳、中耳、内耳のいずれかに障害が起こることで生じます。どこの障害でなったのかで治療が変わってきます。
突然耳が聞こえなくなる突発性難聴では、早期の治療が極めて重要ですので、聞こえが悪くなった場合は早めの受診をお勧めします。

耳鳴

耳鳴は、外耳、中耳、内耳、それより中枢(脳内)の聴覚系のいずれの部位であっても耳鳴を起こすと言われております。
原因多くは、内耳の障害で難聴を伴っている場合が多いのですが、検査上正常な場合もあります。過労やストレス、心因的な要素も関与すると言われています。
耳鳴の消失は難しいですが、症状をやわらげたり、耳鳴とうまくつきあっていく方法を検討することもあります。


» 詳しくはこちら