花粉症・アレルギー性鼻炎|横浜市都筑区 仲町台の耳鼻咽喉科ならおおた耳鼻咽喉科

花粉症・アレルギー性鼻炎について

花粉症・アレルギー性鼻炎について

アレルギー性鼻炎は、アレルゲン(アレルギー症状を引き起こす原因となる物質)を吸入することで、くしゃみや鼻水、鼻づまりなどの症状が出ます。風邪と違って、喉の痛みや熱などは伴いません。
そのアレルゲンには、家の埃やダニの糞、ペットのフケなどや、スギやヒノキなどの花粉などがあります。
日本人の5人に1人と言われる花粉症も、このアレルギー性鼻炎の一種となります。
スギやヒノキによる春の花粉症がよく知られていますが、初夏のイネ科の花粉症、秋のブタクサ、ヨモギによる花粉症などがあります。

症状

くしゃみや鼻水、鼻づまり、目の痒み、目の充血などが主症状となります。
アレルギー性鼻炎がある方が、鼻風邪(急性鼻炎)をひくと、ない方に比べ長引きます。また、急性鼻炎から急性副鼻腔炎になる可能性も高いです。そのため、風邪をひかないような体調管理とはやめの受診が大切です。

検査

イメージ

この原因となるアレルゲンは、採血を行うことで調べることが出来ます。
原因を知り、アレルゲンから避けることで症状を軽くすることができます。
また、治療が必要な時期がわかり対策がしやすくなります。

当院では、血液中のIgEと呼ばれるたんぱく質の濃度を測定することで、アレルギーの原因を調べる検査を行っております。大学病院などでも実施されている以下のような、採血によるアレルギー検査 CAP-RAST(最大13項目)や、多くのアレルゲンの検査が可能なViewアレルギー検査(39項目)のほかに、数滴の血液でアレルゲンを調べられる検査 イムファスト(3項目)や、イムノラピット(8項目)を行うことができます。
お子様から大人の方にもお奨めの検査です。

イムノラピッドについては、こちらの動画でもご確認いただけます。 動画を見る

薬物治療

内服薬

くしゃみ・鼻汁、かゆみに効果がある薬、鼻閉に効果がある薬などを組み合わせて治療します。眠気の少ない薬もあり、受験生などにも考慮した治療も可能です。
また、花粉症の場合、初期療法と言って花粉の飛散が開始する1ヶ月から(症状の出る前に)飲み始める方法もあります。症状が出てから飲み始めるのに比べて、症状が軽く済むことが多いです。

鼻スプレー

花粉症治療の効果が強く、副作用が少ないため、症状や鼻づまりが強い人には、内服薬に加えて局所スプレーを併用します。

レーザー治療

これは、鼻粘膜にレーザーを照射しアレルギーの反応を鈍くしようとする治療です。年中アレルギー性鼻炎で悩んでいる方、慢性的な鼻づまりでお悩みの方、内服薬を減らしたい方にお勧めです。当院では、CO2レーザーによる鼻粘膜焼灼術を行っております。

アレルギー性鼻炎・花粉症 レーザーQ&A


Q.レーザー治療ってどんな治療?
アレルギーなどにより、むくんで腫れている鼻の粘膜(下鼻甲介)をレーザーで焼くことで、アレルギーの反応を鈍くし、鼻づまり、鼻水、くしゃみを緩和する治療法です。
Q.どのような人に適していますか?
・一年中鼻が詰まっている方
・薬が効かない方、中断すると症状が元に戻ってしまう方
・薬を飲むと眠くなる方、薬を減らしたい方
・妊娠中・授乳中で薬を使いたくない方  など
Q.治療に適さない人はいますか?
・鼻中隔弯曲がひどい方(診察で判断します)
・局所麻酔薬のキシロカインにアレルギーがある方
・麻酔のためのガーゼが入れられない、約10分間の治療がじっと出来ない方
上記でなければ、何歳からでも出来ますが、通常は、小学校高学年位からです。
Q.効果はどのくらい持続しますか?
個人差はありますが、1~3年持続します。1回の治療で約75%の人に効果があると言われ、特に鼻づまりに効果が高いです。また症状が強くなってきたら、再度治療することで再び症状が良くなります。
Q.治療の流れについて具体的に教えて下さい。
鼻中隔弯曲症があるなど治療に適さない条件があるか診察します。スプレーと局所麻酔薬を浸したガーゼに鼻の中に入れ、約15分間麻酔をします。ガーゼを取り出し、レーザーを鼻の粘膜にあて焼灼します。レーザーをあてる時間は約10分で、合計30分程度となります。
Q.副作用はありますか?
ほとんどの場合痛みなく治療できますが、必要に応じて局所麻酔の追加を行います。
鼻水に少し血が混じることがあります。また治療の刺激で鼻の粘膜が腫れ、くしゃみ・鼻水が数日続く場合がありますので、鼻水止めのお薬を処方します。嗅覚障害など鼻の機能が損なわれることはありません。
Q.術後に気をつけることはありますか?
当日は激しい運動、大量の飲酒、長風呂・サウナは控えて下さい。
術後は鼻処置が必要となります。1週間後と1か月後に診察に来て下さい。
Q.いつでもできますか?
スギ花粉症の場合、スギ花粉が飛ぶ前の10~12月に行うのが良いでしょう。通年性のアレルギー性鼻炎の方は、比較的症状が落ち着いている時に行うことをお勧めします。
Q.費用はどの位かかりますか?
当院では保険が適応されますので、3割負担の方で、両側で約9000円です。(診療費は除く)

舌下免疫療法

舌の下に薬剤を投与し、アレルギー反応を起こさないような身体にしていく治療法です。
原因となるアレルゲンを用いて行う治療法のため、原因となるアレルゲンを確定する確定診断が重要です。
現在、スギ花粉症ダニアレルギー性鼻炎に対する治療が可能です。
適応は12歳以上で、治療は長期間(3~5年)かかります。

舌下免疫療法Q&A


Q.舌下免疫療法ってどんな治療?
アレルギーの原因となるもの(アレルゲン)を少量ずつ投与することで、体をアレルゲンに慣らし、アレルギー症状を和らげる治療法です。今までのアレルギー治療は対症療法でしたが根治が期待できる治療です。
Q.どんなアレルギーに有効なのですか?
現在、スギ花粉症とダニのアレルギー性鼻炎に適応があります。ハウスダストアレルギーの原因のほとんどはダニによるものと言われておりますので、ハウスダストアレルギーの方にも有効です。
Q.何歳からできますか?
12歳以上です。現在、小児の治験を行っていますので将来は適用が拡大されると思います。
Q.治療期間はどの位ですか?
毎日、舌の下に薬を置いて内服する治療となります。治療期間は3年以上は必要となります。短期間で治療を終了しますと、治療終了後の効果が持続しないと考えられています。
Q.治療を始めるのに必要な検査はありますか?
採血によるアレルギー検査でスギ・ダニが陽性であることがそれぞれ必要です。
当院で行う検査ではRASTまたはVIEW39がそれにあたります。
Q.治療ができない人はいますか?
妊娠中・近いうちに妊娠希望の方、重症な喘息、重い心臓疾患がある方は、服用中の方はできません。また、高血圧でベータブロッカーという薬を内服している方は他の薬に変更する必要があります。
Q.通院回数はどのくらいですか?
スギ花粉症の治療の場合、治療開始後1~2回は2週間毎、副作用なく安全に治療できているか確認できたら、月1回(4週毎)の通院となります。
ダニアレルギーの治療の場合は、発売まもない薬ですので、しばらく(12月まで)は2週に1回の通院が必要となります。
Q.いつでも開始できますか?
スギ花粉症の治療の場合は、スギ花粉が飛んでいない時期に治療開始となりますので、6~12月となります。ダニアレルギーの場合は、いつでも構いません。
Q.費用はどの位かかりますか?
薬代は、3割負担の方で、スギ花粉症の場合月約1500円、ダニアレルギーの場合月約2800円となります。(診療費は除く)
Q.治療中は他の薬は飲めないですか?
舌下免疫の治療中でも、アレルギー症状が出たら、今までの治療薬を使うことは問題ありません。ただし、ステロイドの内服薬は控えて頂く必要があります。

スギ花粉症の舌下免疫療法(シダトレン)の効果については、2シーズン続けていただくと寛解された方が17%、症状が改善された方が67%とされています。
ダニアレルギー性鼻炎の舌下免疫療法(ミキティア・アシテア)の効果については、1年間服用すると、早い方だと3ヶ月目から効果が現れ1年後には22%程度症状が改善します。患者さんの総合評価は「良いと思う」、「少し良いと思う」の合わせて、80%ありました。